ダイエットエクササイズ

コアリズムの基本動作

コアリズムはダイエットエクササイズの一つですが、ラテンダンスの経験が無くてもコアリズムの基本の動きを覚えるだけで、誰でも簡単にラテンダンスが踊れるようになるという特徴があります。 「コア・ラテラル」はコアリズムにおける基本動作になりますが、これは腰を左右に動かすというものになります。 それによって、体脂肪が燃焼されやすい状態にすることができ、腹斜筋というくびれを作るために必要な脇腹にある筋肉を鍛えることに繋がるのです。 動き方としては、少しつま先を開き、かかとはつけた状態で背筋を伸ばしてまっすぐ立ちます。 そして、肩の高さでひじを曲げ、床に両手の平を向けた状態で左右の膝を交互に曲げ、腰を左右に動かすという動きを繰り返すというのが基本動作になります。 続いて「コア・フレクション」ですが、これは腰を前後に動かすという動作になります。 腹直筋というお腹の縦にある筋肉を鍛えることができるため、下腹部をへこませるために効果があるのです。 足は少しだけ肩幅よりも開き、膝は軽く曲げます。 肩と同じ高さで両手を広げ、床に手のひらを付いた状態で手や膝は動かさずにお腹をへこませましょう。 そして、お尻を後ろに突き出し、背中をできるだけ反らすといった動作を繰り返します。 「コア・ローテーション」は腰を前後左右に回す動作になりますが、様々な角度からお腹を引き締める効果を生み出します。 動作としては、足を大きく開き、膝は軽く曲げ、肩と同じ高さでひじを曲げて床に手の平を向けましょう。 お腹をへこませるのですが、おへそを奥に押し込むようにイメージしながらやってみて下さい。 このままの状態を保ったまま、右の腰を上げ、右脇腹を縮めてお尻を後ろに突き出し、今度はこのままの状態で左腰を上げます。 反対に左脇腹を縮め、反対回りといった形で繰り返しましょう。 これらがコアリズムの基本動作になりますので、基本動作を覚えてぜひダイエットエクササイズを成功させましょう。